母子家庭は不幸なのか?

僕は母子家庭で育ちました。

世間的には不幸に見られがちな母子家庭ですが
本当にそうなのか今日は話したいと思います。

結論から言うと僕の場合は全く不幸じゃなかったです。
母子家庭でいじめられる事もなかったし
むしろ母子家庭で良かったと思ってます。

母子家庭は経済的に苦しくて
朝早くから夜遅くまで働いてるので
親はほとんど家にいません。

保育所の時は真っ暗になってから親が迎えに来るので帰るのは1番最後でした。

その時は少し悲しかったですが
小学生になると家に親がいないから友達を呼べたし
門限を破ってもバレないからずっと遊んでました。

勉強しなさいとうるさく言われないし
寒かったり暑い時に外で遊んで来なさいと言われることもありません。

兄弟もいたので孤独感を感じたこともなかったです。

金銭的には苦しいはずなのに
父親がいない分僕らに不自由させたくないのか
好きなものはなんでも買ってもらえるので
普通の家庭よりもゲームやおもちゃがありました。

土曜日や夏休みになると給食がないので
テーブルの上に置かれてる千円札を持ってコンビニに行くのですが
それが毎回楽しみでした。

子供はなんでも親に勝手に決められがちですが
その時は食べたいものを自分で選べるのです。

親が栄養を考えて作った料理よりも
体に悪くて美味しものの方が食べたくなります。

あくまで僕の場合でしたが
母子家庭だからこその自由があって
すごく幸せでした。

一方で親は大変だったと思います。

朝から夜まで働いてよく身体を壊してたし
長い時間家に子供だけだったので仕事中もずっと心配だったと思います。

子供のために無理にお父さんを作ろうとして
変な人に引っかかったり。

1人で泣いてるところも何度か見かけました。

母親は必要以上に罪悪感を感じて
自分のことはそっちのけで頑張りすぎてしまうと思うのですが
親が思う以上に子供は強いですし
子供は片親でも大して気にしてなかったりします。

なのでなかなか難しいとは思いますが
もう少し自分を大切にしてもいいんじゃないかなと思いました。

親が子供の幸せを願うように
子供も親の幸せを願っています。

関連記事

コメント

    • nakamura
    • 2019年 2月 12日

    れん君、元気そうでよかったです(^^)

    幸せなのは「普通の家庭」ってよく言うけれど、何においても
    「普通」の基準って何?って思うことがあります。
    お母さんは自分の気持ちだけではなく、お子さんの事や経済的な事
    色々悩み考えて選択してこられ、子供の心と自分の心、その間の中
    でかなり葛藤はあったと思います。

    Manoraさんを知って気づけたことですが、妻や母という役から
    離れる時間を作ってあげる事が、一人で悩み苦しんだり、限界を
    超えて頑張る女性達にとってどんなに必要であるかと感じています。

    何よりもしっかり伝わる文章が素敵でした。
    でも一番感動したのは、懸命に頑張り、時には泣いたり
    お母さんの姿をれん君がしっかり見てあげている事です!
    私は褒めてあげたいと思いました。

    恥ずかしいとは思いますが時にはお母さんを、気持ち悪いよ~って
    言われるくらい褒めてあげて下さい~きっと喜びますよ(^^)

    「体に悪くて美味しものの方が食べたくなる」
    確かに・・・これは大人になってもある(笑)

      • ren
      • 2019年 2月 20日

      いつもコメントありがとうございます。
      すごく励みになってます。

      そうですよね。自分にとってはうちが普通に感じてしまいます。
      それに世間で言われる普通の家庭って意外と多くないような気もします。

      言われて気づいたんですけど見てあげることって重要なのかもしれないですね。

      ありがとうといつも心のなかでは思ってるのになんか恥ずかしくてなかなか言えてないです。
      でも言っておかないといつか後悔する気しかしないので少しずつ言ってみます。
      急に褒めすぎたら何か思惑があるんじゃないかと思われそうです(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP